家庭用ソーラーパネル活用で節約ライフ-札幌市で太陽光発電導入-

ソーラーパネルのメリットとデメリット

木漏れ日

にわかに注目を集めるようになった太陽光発電。
電気代がお得になるというニュースも多く
「自宅にも導入したい」と考える方も
多くなってきているのではないでしょうか。

 

太陽発電に欠かせないのが、ソーラーパネル。

 

まずはソーラーパネルを設置する前に
メリットとデメリット両方を、比べて考えてみることにしましょう。

 

多くの人がソーラーパネルの設置を思い留まる
第一の理由として、導入費用が高額というデメリットが挙げられます。

 

価格相場は下がってきているとはいえ、150万前後の費用は覚悟しておかなければいけません。
初期費用を取り戻す回収年数も、約15年程であると言われており、その時間は長すぎると感じる人もいることでしょう。

 

太陽光エネルギーで発電する為                                         どうしても天候に左右されるというのも避けようがありません。

 

もしかしたら販売業者や施工業者などに依頼する時に見誤ると
他の所より水増しして見積もりをするような業者に依頼してしまう可能性も、大いに考えられます。

 

デメリットを並べるときりがないくらいですが、実はメリットの方が大きいとも考えられます。

 

花と室内

メリットの代表的なものとして、自家発電できることにより
電気代を抑えることができる点です。

 

近年の原発問題により電気料金の上昇は避けられない問題であり
ソーラーパネルの導入世帯は
これから更に増加することが予想されています。

 

その為、設置価格の相場は、どんどん下がる見込みがあります。

 

 

特に最近は余剰電力を電力会社へ売ることができるので
経済的に大きなメリットと言えるでしょう。

 

ソーラーパネルを設置すると、電気の消費量や、
発電量をモニターで確認できるようになるので
今まで以上に、節電に対する意識が向上しやすい環境になります。

 

 

国からの補助金制度や、売電システムにより、設置費用の回収年数は
一昔と比べて減少しつつありますので、長期的に考えるとメリットの方が大きいと言えるでしょう。

 

ただし、設置には屋根の形状や初期費用を用意することなど、簡単には決断できない問題が多くありますので
慎重に検討することが大切ですね。